☆必殺仕事人☆

今日は、一日中ムシムシしていて過ごしにくい天気でした。。

そんな中、このムシムシ感を吹っ飛ばすかの様な、スッキリしたこんな画像から始めてみます。。

画像


皆さんこれ何だかお分かりでしょうか???

巻き寿司に入っている干瓢を作っているのですよぉ~~。。

スッキリとするでしょう。。この技。。。

この技の持ち主は・・・・・・その名も「ゆっきん」です。。
画像


メロンを丸かじり・・・(笑)

今年の3月位から、パートでよくお世話になっている、とにかく「元気でお茶目」な相棒です。。

では、そんなゆっきんが作る干瓢の出来るまでを少しご紹介。。。



まずは干瓢です。
画像

タバコの箱と比較すると大きさが分かるでしょ。。今年は少し小ぶりです。

でわでわ、早速ですが干瓢製作機で作業開始。。

画像


先ずは機械にセットするのですが、セットする時に、この棒で干瓢の真ん中を突き刺し機械に取り付けます。。

画像


なかなか慣れないと上手く真ん中にいかないんですよねぇ~~。。しかし、ユッキンは狙いを定めて一発で。。

画像


ほぉ~ら、この通り。。セット完了です。


先ずは皮むき。。

画像


電気仕掛けでクルクルっと回るとアット言う間に皮むき完了。。

画像


丸坊主の完成です???誰かの頭みたいです~~(笑)


そして、いよいよ実の部分を2cm位の幅の帯状に剥いていきます。。

画像
画像


どうですか、この手さばきは。。。必殺仕事人とはこの事です。。。(笑)

でっ。。実の方はと言うと。。。

この通り。。。

画像


丸裸になっちゃいました。。。

出来上がりはこんな感じです。。

画像


なかなか一本につなげて削るのは難しいですが。。。なんのなんのユッキンの手に掛かればこんなもんです。。

画像


こんな感じで、いっぱい作り箱に納めて第1工程は完了です。。



お次は、ハウスで乾燥です。。

画像


少しアップ。。

画像


綺麗に出来ました。。。

これで2~3日干せば皆様のご家庭で目にする、干し干瓢に。。甘辛く炊いて巻き寿司に。。。

美味しそうです。。

でも、この作業ですが、僕の所にはこんな便利な機械がありますが、一般的には全てが手作業。。。

気の遠くなるような地道な努力が必要です。。。


しかし、昔の人は本当に凄い。。。これを全て手作業。。根気が無ければ続きません。。しかもこんな保存食を思いつくなんて。。

現代人には欠けている部分かも分かりませんね。。。


しかし、ユッキンも凄い???てか。。機械が凄い???んでしょうかねぇ~~~。。。(大笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

この記事へのコメント

さるとる
2009年08月10日 23:49
ゆっきんやるな~☆
これは、僕にはできんな(笑)
YU☆
2009年08月11日 23:17
かんぴょうを作るのをあこがれていました。
作り方を見せていただき、大変勉強になりました。
ところで、熱血漢丸坊主さまの所では、かんぴょうの種の周りは食べられているのでしょうか?三木の郷土料理で紹介されていたので、どのようなものかと興味があります。おいしいものですか?

話は変わりますが、三木で15年も自然栽培でお米を作っている方に出会いました。しかも、実家の近くで、実践されていたとは驚いています。世の中、いろんな人がいらっしゃるものですね。

それから、卵おいしかったです。大事に食べようと思ったら、あっという間になくなってしまいました。またいただきたいは山々なのですが、№4がアレルギーーのため控えていて、兄弟も協力してくれています。腸の機能が出来上がって、数値が下がってくるまでの辛抱で、完全除去というわけではないので、心配なさらないでください。先生からOKが出たときはまたお願いします。
№3が、「おかあちゃん、にわとり うみたい。」と言うので、聞いてみると。飼いたいということでした。しかし、周りには野良猫が多く、私が子どもの頃に飼っていた鶏も、野犬の集団に襲われてしまった経験があるので恐ろしくて、今のところ聞いてあげられないですが。
鶏って、なついてくれるとかわいいですよね~。

熱血漢丸坊主
2009年08月12日 23:45
さるとる君

いやいやそんな事はないですよぉ~~。。

僕の厳しい指導に耐えれるなら??(笑)
熱血漢丸坊主
2009年08月13日 00:11
YU☆さん

干瓢の中身、又の名を「ズ」と家では言っていますが、僕の母が料理をします。三木の郷土料理とまではいきませんが、煮て食べるとトロッとした食感で結構美味しいですよ。。

ただ母は、もったいないからと言って、沢山作り過ぎるのが問題なんですけどねぇ~~(笑)

自然栽培の技術は僕も参考にさせて頂きたいので、又、紹介してくださいよぉ~~。。単に農薬や化学肥料を使わないって事だけでなく、奥深い技術が潜んでいるはず・・。。


卵、何時でも言ってくださいねっ。。毎日、産みますから急がずにゆっくりと。。。

「おかあちゃん、にわとり うみたい。」って・・・可愛いですねっ(笑)
 うみたいを、飼いたいと解読できるYUさんは、さすが「おかあちゃん」です。。

鶏ですが、頑丈な柵で囲うと絶対に大丈夫??・・・

・・

・・

保障は出来ませんが(汗)

家の鶏小屋の囲いも結構ボロボロですが、何とか大丈夫です。

野良猫に野良犬、キツネにタヌキ、イタチにヘビ。。数えるときりが無いですが・・・(笑)

ヒヨコから大きくすると愛着が沸きます。。と言うか家族の一員です。。少し大げさかなっ??

でも、その位の気持ちでなければ、生き物を飼う資格と言うか・・権利がないと言うか・・

中途半端な気持ちでは駄目ですもんね。。。

???僕の家族は7人と、鶏が300羽ですねぇ~~(笑)

いたいということでした。しかし、周りには野良猫が多く、私が子どもの頃に飼っていた鶏も、野犬の集団に襲われてしまった経験があるので恐ろしくて、今のところ聞いてあげられないですが。
鶏って、なついてくれるとかわいいですよね~。

この記事へのトラックバック